3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Zbrush 2021.7は主にハードサーフェスのラフモデリング向け機能の強化

(約 9,400文字の記事です。) Zbrush 2021.7で追加された機能に関して一通り触った感想。主にラフモデリングによるハードサーフェスモデルのたたき台やコンセプトの確認用に直感的にモデルを形にすることに向いていると感じた。人物向けフィギュア用途とし…

BlenderのUV展開の学習メモ 1枚目「アドオンを決めることが重要」

(約 5,100文字の記事です。) BlenderのUV展開について学び初めて情報収集していて気がついた。UV展開の情報がなんでこんなにも散り散りなのか?そしてどうしてこんなにも手順やTipsが散り散りなのか?そして、何よりも楽しくない理由とは? 今回の記事は、…

ゼロから始めるBlenderのウェイト塗りのメモ 2枚目

(約 3,000文字の記事です。) 前回の記事でBlenderのウェイトペイントの基本はほぼ押さえられたと思う。 ゼロから始めるBlenderのウェイト塗りのメモ 1枚目 - 3DCGで何をどう作るか考え中 今回からはより実践的なウェイト塗りの知識を身に付けたい。 この記…

ゼロから始めるBlenderのウェイト塗りのメモ 1枚目

(約 4,300文字の記事です。) 世の中には既にBlender 2.8, 2.9系のウェイト塗りの解説動画がたくさんある。なので今回は車輪の再発明を止めて素直に優れた動画を紹介したい。もちろん私自身もこれらの動画で学んでいる。 この記事では、紹介した動画では足…

ZbrushとBlenderを使い分ける 第2回(両者でできないこと)

(約 4,100文字の記事です。) 前回の続き。両者の連携で技術的にできないことがいくつかある。今回はその解説。 ZbrushとBlenderを使い分ける 第1回(両者のメリット・デメリット) - 3DCGで何をどう作るか考え中 対象読者はZbrushとBlender ユーザーです。…

ZbrushとBlenderを使い分ける 第1回(両者のメリット・デメリット)

(約 5,600文字の記事です。) モデリングではZbrushとBlenderはもうほぼ自由に行き来できる。もちろん技術的にできないこともあるが、それらを補って余りある「両者の使い分けのメリット」がある。 対象読者はZbrushとBlender ユーザーです。 両者を使って…

Blenderのアーマチュア、ボーン、リグを理解する

(約 12,000文字の記事です。) リグとボーンの違いを一言で説明できますか?私は勘違いしていました(笑)スキニングの意味で「リグ入れ」と言っていました。恥ずかしい……。 今まで何となく使っていた用語を正しく理解して表現するための基礎知識をまとめて…

ZbrushとBlenderの連携強化(Blenderアドオン開発中)

(約 5,800文字の記事です。) ここしばらく集中的にBlenderアドオンの体当たり開発中。今日はそんな日記。結論を言うと、ZbrushオンリーのユーザーはBlenderのリグポージングを学び始める時期が来ている。 対象読者はZbrushユーザー、Blenderユーザーです。…

初心者のためのBlenderアドオン開発マニュアル執筆と、Zbrushとの連携

(約 4,300文字の記事です。) ここしばらくブログを更新できていなかった理由はBlenderアドオン開発のための試行錯誤に全力投球だったから。Blender APIやPythonの学習に集中していた。なのでアウトプットしている余裕がなかった。今回、作りたいBlenderア…

Zbrushのフォルダの目玉アイコンの挙動(CtrlやShiftとクリック)

(約 1,400文字の記事です。) Zbrushのフォルダの目玉アイコンには、フォルダに入っていない普通の目玉アイコンとはちょっと違う挙動がある。Ctrl + クリック時と、Shift + クリック時だ。この2つの挙動の違いを解説します。 (知っている人は既に知ってい…

Blender用アドオンRetopoflowの使い方記事をVer.3.2.0に更新

(約 2,500文字の記事です。) noteで公開しているRetopoflowの使い方記事を、今日現在の最新版Ver.3.2.0に合わせてフルメンテナンスしました。 対象読者はBlenderユーザー、既存のRetopoflowユーザーです。 Ver.3系の使いにくさが大きく改善された 過去記事…

GoBアシストツールV3(ZbrushとBlenderでメッシュを往復させるWindows専用プラグイン)

(約 3,000文字の記事です。) GoBアシストツールV3がGoBアドオン Ver.3.5.52に対応して新登場。またZbrushの日本語UIに対応し、ボタン名や警告ウィンドウなども全て日本語で表示されるようになり、使いやすく進化しました。 対象読者はBlenderとZbrushを扱…

Back To the Center(BTC)プラグインVer.2.6.0の変更内容

(約 1,300文字の記事です。) Zbrush用プラグインBack To the Centerプラグインを久々に修正。一部機能の変更などのマイナーチェンジです。 Zbrush用プラグイン「Back To the Center」(斜め配置したパーツを最短ワンクリックで左右対称編集) - YAMATO Too…

Zbrushプラグインの日本語UI化とGoBアシストツールV3

(約 3,600文字の記事です。) 長らく開発してきたZbrush用プラグインですが、次回から「日本語UI」によるローカライズにも取り組むことにしました! 今日は簡単な報告と今後の予定の日記です。 対象読者はZbrushユーザー、Blenderも使うZbrushユーザーです…

7月のZbrushプラグイン開発の予定について

(約 4,800文字の記事です。) おそらく7月中に2つか3つの強力なZbrush用プラグインをリリースすることになる。今日はその予定の日記。技術情報は少な目だが、チラ見せ情報は割と多め(笑) GoBアシストツールV2のリリース Blenderのアドオン開発(Zbrushと…

板タブの入力範囲は16:10だよ!縦横比の罠(Sサイズの板タブを探す旅 2)

(約 3,900文字の記事です。) 前回の記事に引き続き、Sサイズの板タブを探している。今回は「入力範囲の大きさ」と縦横比の罠にはまった。想定した使用感と実際にDeco Fun Sを触ったときの違和感の原因がわかったので、板タブの「入力範囲のカタログスペッ…

Deco Fun Sを使ってみた!ワコムとXP-Penで比較(Sサイズの板タブを探す旅 1)

(約 4,000文字の記事です。) 私は長年ワコムのIntuos 4 Largeを使ってきたのだが、デスクの占有面積を小さくするべく、Sサイズの小さな板タブが必要になった。そこで今回試してみたものがこちら「XP-Pen Deco Fun S」である。 XP-Pen ペンタブレット Sサイ…

サブスタンス3Dペインターのお得な買い方(Steamセールとサブスク購入を組み合わせる)

(約 5,200文字の記事です。) サブスタンスペインター(Substance Painter)が「Substance 3D Painter」として新登場。Adobeプラットフォームになった。 今回はサブペ導入時の最もお得な買い方について解説する。サブスタンス3Dシリーズにはいくつか販売バ…

Blender用アドオンRetopoflow Ver.3系の更新方法

(約 3,800文字の記事です。) Blenderで快適に手動リトポできるアドオンRetopoflowがアップデートされた。ところがいきなりバグである。ハッキリ言ってRetopoflowの更新は内蔵アップデーターを使うべきではない。紹介するZipファイルによる更新と、ユーザー…

やりたいことができた途端にやるべき事が増える

(約 2,800文字の記事です。) 今日もただの日記だが、3DCG関連なのでブログに書くことにした。主にここ1週間以内の活動スケジュールについての報告。 対象読者はZbrush+Blender使い、Blender使いでRetopoflowをまだ使っていない人。 ZbrushとBlenderとの連…

ZbrushとBlenderとを連携させるプラグインの強化と開発予定

(約 5,000文字の記事です。) ここ1, 2週間のうちにZbrushとBlenderとの連携を強化するプラグインを開発します。今回はその骨子や草案の日記です。技術的情報は割と多めです。 YT Symmetrizerが鳴かず飛ばずなのを嘆いていてもしょうがないので。 対象読者…

近況報告と今後の活動予定「YT Symmetrizerの後日談」(2021年6月)

(約 7,300文字の記事です。) 5月下旬から今日まで、結果として丸々1ヶ月経過してしまった。その間の簡単な出来事と今後の活動予定の日記です。あとZbrush用プラグイン「YT Symmetrizer」の開発裏話などのオマケ情報を少々。 そしてこの1ヶ月間で、自分の中…

BTCユーザーはYT Symmetrizerスタンダード版を無料で使えるよ

(約 2,500文字の記事です。) 1ドラッグ+1クリックでいつでも左右対称な編集ができるZbrush用プラグイン「YT Symmetrizer」(YTシンメトライザー)。これはかつて開発したZbrush用プラグインのBTC(Back To the Center)プラグインの後継プラグインです。 …

YT Symmetrizer「ボタン1つで、いつでも左右対称編集」(Zbrush用プラグイン )

(約 3,800文字の記事です。) 1ドラッグ+1クリックでいつでも左右対称な編集ができるZbrush用プラグイン「YT Symmetrizer」(YTシンメトライザー)を開発しました。 左右対称(シンメトリ、symmetry)な編集を、さらに効率的に行うために開発しました。以…

PowerDirector 365のレンダリング出力時のフレームレートに注意

(約 7,000文字の記事です。) 以前の記事で「PowerDirector 365のカット編集後のレンダリング結果に余計なフレームが残る」という記事を書きましたが、そのバグの解決方法。 サポートに問い合わせ、指示通り色々とファイルを削除したり再インストールしたり…

近いうちにZbrushプラグインの開発に復帰します(+映像チュートリアル作りの話)

(約 4,600文字の記事です。) かなりしばらくぶりだが、近いうちにとあるZbrush用プラグインの開発に復帰する。またテキスト主体の表現手法から動画+音声表現へのシフト。そんな日記。 対称読者はZbrushユーザーと、動画編集に興味のある人です。また動画…

動画コンテンツの表現力が「当たり前」になりつつある

(約 4,000文字の記事です。) 動画コンテンツと左手キーボードに何の関係が? 左手キーボード「Tartarus Pro」の目玉機能の一つである「軽く押した場合と強く押した場合で2種類のキーコード送信」について。現状では軽く押した際の修飾キーが、強く押した場…

動画編集ソフトのPowerDirector 365がオススメ(キーボードだけでカット編集の可能性)

(約 8,400文字の記事です。) 私はかつて色々な動画編集ソフトを触ったことがあるが、これからの動画編集ソフトとしてサイバーリンク社のPowerDirector 365を使うことにした。現状では私の環境にいくつかのバグが見つかったのでサポートに相談中だが、それ…

PowerDirector 365のカット編集後のレンダリング結果に余計なフレームが残る

(約 4,200文字の記事です。) 楽しみにしていたPowerDirector 365(Ver. 19.3.2724.0)を購入していざ使ってみると、とんでもない致命的なバグを発見した。これの検証に合計で4日間も持っていかれた。 頼むよサイバーリンクさん、ちゃんとバグを直して頂戴…

動画編集ソフト「PowerDirector 365」とVEGAS Proの比較(2021年5月版)

(約 7,500文字の記事です。) 私は長年のVEGAS使いだが、今回からPowerDirectorを使うことにした。正確には両方を「使い分ける」ことにした。最初のうちはVEGASを使い続けるか、PowerDirectorに乗り換えるかの検討もしたが、最終的には適材適所で使い分けが…