3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

(約 3,200文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20200902083443j:plain

ブログの管理人と創作活動の略歴など。

管理人

f:id:yamato-tsukasa:20200902082502j:plain

大和 司(やまと つかさ)
気がつけばZbrushツールクリエーター。アマチュアのクリエーター。プロではない。趣味で3DCGに入った人。お絵描きから3DCGに入った人(笑)

元々は効率的なモデリングのためにZbrushプラグインを開発したものの、その後、何を作りたいのか分からなくなる。振り返ってみるとZbrushプラグインという優れた作品たちがあるじゃないか!ということに気付いた人。プラグインはBOOTH, Gumroadで公開中。

https://yamato-tsukasa.booth.pm/
https://gumroad.com/yamato_tools

元々はお絵描きしたかった人です

f:id:yamato-tsukasa:20200902082635j:plain

なぜか板タブ(Intuos 4 Large)は持っていた。で、CLIP STUDIO PAINTと板タブで絵もちょこちょこっと描いては見たものの、納得できる絵が描けなかった(下手とも言うw)。その過程で「3DCG人形を線画トレースするくらいならば、いっそのこと3DCGで作っちゃえば?」という浅はかな考えから3DCGを始めた。

…結構無謀だった(笑)

モデリングって何?そういうレベルからスタート。

100%ド素人。カタカナの専門用語に溺れた。

何のために描く?一次創作の重要性

ファンアートをしていても自分の成果物にはならない。同人活動をしたいわけじゃなかった。だからオリジナルの一次創作をしようと思った。ストーリーを考えたら小説っぽくなるんじゃね?と思って小説投稿が可能なサイトも探してみた。というわけで、オリジナル小説の挿絵を3DCGで作る!という壮大なプロジェクトができた。問題はそこからだ。3DCGは沼だった。未だに頓挫(とんざ)している状態。

青空のサンセット | ファンタジー小説 | 小説投稿サイトのアルファポリス

モデリングでZbrushを始めた

f:id:yamato-tsukasa:20200902082737j:plain

Blenderのポリゴンモデリングはしっくり来なかったが、Zbrushのスカルプトは直感的でわかりやすかった。だがZbrushというソフトそのものは鬼のように使いにくかった。ソフトウェアそのものはかなりわかりにくかった。そこで少しでも使いやすくするために試行錯誤してるうちに、プラグインを開発していた。

Blender 2.8系の登場

f:id:yamato-tsukasa:20200902082919j:plain

時は流れ、かつて使ってみて使いにくかったBlenderは2.7系からは大きく変わり、2.8ならば使えると確信。同時期に感じていたZbrushの使いにくさはBlenderで補えると感じ、初めてリグ入れモデルとポージングの可能性を探り始めた。この時期にはTwinmotionというUE4ベースのソフトを触り始め、その後UE4そのものもある程度試してみた。が、ゲームエンジンは私には必要なかった。リアルタイム出力は、仕込み段階では全然リアルタイムじゃなかった。(最終出力の結果がリアルタイムであって、制作工程はコンパイルの待ち時間がやたらと多かった。)

一時期はTwinmotionで絵作り

今はお蔵入りですが当時はFusion 360も触った。VUEという風景専門ソフトなども試した。一時期はTwinmotionで完結する予定だった。

f:id:yamato-tsukasa:20200902083814j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200902083828j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200902083838j:plain

f:id:yamato-tsukasa:20200902083713j:plain

ちなみに発光エフェクトはCLIP STUDIO PAINTで後付けで描き足した嘘絵です。CG発光ではありません。最終アウトプットが2次元だからできる技。そして3DCGでそれを実現させる手段を当時持ち合わせていなかった。今もだが(笑)加筆して表現したほうが早かったりする。二次元ならば。

かなりいい感じにできるのだが、いかんせんポージングが大変過ぎた。(この経験から後にZbrushとBlenderとを連携させるGoBアシストツールに至るのだが。)

またTwinmotionの限界も分かった。そしてしばらく絵作りは中断。

その後UE4も触るも、3DCGの静止画作品作りには合わなかった。

Zbrushとblenderによる立体造形の模索

f:id:yamato-tsukasa:20200902084520p:plain

ZbrushとBlenderを連携させるZbrush用プラグイン「GoBアシストツール」(Windows専用) - YAMATO Tools - BOOTH

2020年9月時点で両者をほぼ自由に行き来できる(フィギュアや彫刻などの非可動モデル限定、ポージングの可逆性に制限があるため)。今後はシワ、布表現の模索。両者とも布シミュレーションと布ブラシを実装している。

f:id:yamato-tsukasa:20200816025654j:plain

問題はそれをどう使いこなすべきか、という問題。何を作る、ではなくて、どう作る?が課題となっている。

やることが増えすぎたのでTickTickというタスク管理ツールで効率化をもくろむ。

f:id:yamato-tsukasa:20200901120303j:plain

タスク管理アプリはTickTickが一番おすすめ!ToDoリスト+繰り返し+カレンダー表示の組み合わせが便利! - 3DCGで何をどう作るか考え中

マネタイズを考える

某ウィルスの影響とはあまり関係ないが、なんだかGoggle検索でも割と上位に来るようになったので、最近ようやくアマゾンアフィリエイトやグーグルアドセンスなどで情報発信に加えてマネタイズしようと思い立った。記事を700本近く投稿してからのスタート。だいぶ遅い(笑)

自己承認欲求よりも価値ある情報の提供(&マネタイズ)

いいねやスキという自己承認欲求のための情報発信はだいぶ前に卒業した。書きたいから書く。それだけ。個人の情報なのでその質は読者が各自自己責任で判断すること。当たり前のこと。


そんな人が書いているブログです。どうぞよろしくお願いします。

2020/09/02
大和 司

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: Ecard Gift Certificate