画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

(約 2,000文字の記事です。)
旧ブログ名:だって画力がないんだもの - だったら3DCGで創作すればいいんじゃない?

管理人:大和 司(やまと つかさ)
趣味で3DCGを始めた人。創作小説の挿絵を3DCGで創るためにZbrushを始めたという変な入り方をした人。

元々は絵を描きたかった

描いてみた。死ぬほど下手だった。練習した。上手くならない。なぜ……?
おっ、3DCG人形をトレースすれば破綻しないぞ。(そりゃそうだ。)だったら全部3DCGでつくっちゃえばいいんじゃない?影塗りも不要だ。なにせ立体だし。さて3DCGはどうやって作ればいいんだ?わからん。

沼に入り始めた。

3DCGソフト、いっぱいある

どれがいいんだ?わからない。色々試した。で、最後に落ち着いたのZbrushというモデリング専用ソフト。どうぜ動画とか無理だし。個人でやるならMMDが限界だろう。だが二次創作に興味はない。作りたいのはオリジナル作品だから。

Zbrush、とても使いづらい

だったら使いやすくすればいい。Zscriptというプログラミング言語をゼロから独習。できた。便利になった。BOOTHでみんなに紹介しよう。
https://yamato-tsukasa.booth.pm

一次創作するということ

全部自分で設定決めないと。おや、設定だらけだ。物語になりそうだぞ。だったら小説としてストーリーも作って、ついでに絵も3DCGで作ろう。絵作りのモチベーションになるぞ。さて、どこに投稿しようか。なろう?やってみたけど肌に合わない。エブリスタ?やってみたけど絵を投稿しにくい。で、最初に辿り着いたのがnoteだった。

https://note.mu/tsukasa_yamato
ある程度までは投稿したけど、ネタが尽きた。というか、ここで絵が下手すぎることに気がついた。Zbrushの話に戻る。
で、3DCGでもモデリングがそこそこできるようになり、物語も進められるようになって、noteの弱点に気付く。noteは続き物の投稿に弱い。一話完結でないと無理だ。他を探そう。で、色々探した結果、画像を沢山投稿できて小説も投稿できるサイトとしてアルファポリスに出会う。

https://www.alphapolis.co.jp/novel/785468926/152254185

画像が簡単に挿入できて、差し替えも簡単で、沢山の画像を差し込める小説投稿サイトはアルファポリスしかない。かなり探したけど、ない。「なろう」は「みてみん」経由でできるけどとても不便で投稿も差し替えも大変。エブリスタは画素数が低く抑えられるし投稿しにくく差し替えも難しい。何しろ1画像で改ページが入るから読みにくい。

色々探してアルファポリスが安住の地だった。なので投稿はアルファポリスに絞ることにした。ちょこっとずつ更新中。

絵作りから始まってオリジナルキャラによるワンシーン作りが目標

そのためのモデリング、Zbrush、作業効率化、プラグイン開発、キャラクターデザイン、シナリオ作成、小説作り。全ては1本につながっている。だからモチベーションが切れない。

夢がある人は強いということを自分で証明するために活動している、という意味もある。

けど、一番大切なのは、楽しんで活動することだと思っている。3DCGはこだわれる部分が多いがこだわり出すと一生かかる罠も多い。だから取捨選択が重要だと思っている。

だいたいざっくり作って次に進むことを忘れないようにしたい。

後から戻ってきて微調整したっていいじゃない?

基本的な投稿方針

自分で読んで役に立つものを書く。うわべだけの知識の紹介ではなく、何をどう使ってどうやったらどうなるのか?というのを知らせるために書く。そうなると必然的に文字数が多くなるがしょうがない。基本長文スタイルです。ちょろっと書いて済ますならその情報、要らないと思っているので。書くならしっかり書く。で、後から修正したり追記したりして、きちんとメンテする。そうやってしっかりとした情報が残っていくからこそ、ブログの信頼性が高まるし、役に立つ情報だと思ってもらえる。

もちろん過去の記事全てをメンテしきれるわけじゃない。生きているのは「今」なのだから、今にフォーカスして関連のある情報だけをメンテする。なので、その流れに沿って一緒に生きている人にとっては役に立つサイトになると思う。だが、仕事ではないので、あくまでも趣味なので、情報の信頼性までは保証しない。そこはwebの情報だ、常に自己責任で利用してください。